ロゴ

辛いがんの治療を乗り切るには抗がん剤の副作用を軽減したい

病気に勝つためには知識を蓄えよう

男女

進化し続ける治療

がん治療はいろんな方向で発展しているのですが、抗がん剤治療も副作用をできるだけ軽減できるような形を模索しています。個別に投与量を考えたり、免疫力を高めるためのサプリも開発されたりしているため、QOLを高めることができます。

READ MORE
ハート

利用する目的

抗がん剤は術前にがんの範囲を小さくするため、転移を抑えるために投与されることもあれば、術後に長い期間投与し続けることもあります。投与する意味を考え、それに合わせて生活を考えていけるように医師と相談することが大切です。

READ MORE
女医

遺伝子が傷つく

自分は喫煙していないから肺がんになる確率は低いと考えている人はいないでしょうか。男性では肺がんを発症した3割の人が喫煙をしていたという事実がありますが、喫煙が原因ではない肺腺がんの発生も増えてきているのです。

READ MORE

がんになると身体が思うように動かない

がんになったときまず考えるのは、治療のことです。5年生存率や10年生存率という言葉がありますが、完治させること、できるだけ長く生きるために治療をします。しかし、抗がん剤投与による副作用もがんになると辛いことの一つとして挙げられます。

抗がん剤治療を受けて辛かったこと

no.1

身体がだるい

抗がん剤投与によって、出やすい症状の一つが倦怠感です。出やすい症状でありながら一番きついと口々に言われる理由は、身体が動かなくて精神的にもきついからです。三日目までが辛さのピークではありますが、投与が怖くなるほどです。

no.2

精神的な恐怖

症状が出てしまっても、「このくらいで持ち直すだろう」という予想が立てられると恐怖を感じることはありません。しかし、1クール目に投与を受ける人は、辛い副作用がずっと続くのではないかと感じてしまうといいます。

no.3

悪心・嘔吐

下痢もそうですが、嘔吐をしている状態では移動もままなりません。トイレにこもりっきりになってしまい、日常生活にも支障が出ます。水分をとらなければ脱水症状になることもあり、気をつけながら生活を送らなければなりません。

肺がんの症状や辛いこと

男女

肺がんの患者数

肺がんの患者数は男性女性ともに高い位置で推移しています。もっとも死亡率が高いがんの一つとして数えられたこともありました。できれば早期発見が望ましいので、咳や息切れといった症状が起こっているのであれば注意して病院を受診しましょう。
しかし、血痰が出てすぐに検査をしたにも関わらず、治療ができないほどステージが進んでいたというケースも少なくありません。CTをとることで肺がんは見つかりやすいので、定期的に検査をするようにして、進行が早かった場合の治療法も検討した方が良いです。

治療法の一つ

肺がんを始めとするがんは、切除が最初に検討されます。その方が確実にがん細胞をなくすことができるからです。しかし、がんは見えるところだけに広がるわけではなく、血液やリンパによって転移することがあります。
転移や見えないがんに対処するために、放射線治療や抗がん剤投与が行なわれます。抗がん剤の投与による副作用を極力軽減するために、今では分子標的薬でがん細胞を狙い撃ちする方法や、複数の薬剤を併用する方法が行なわれています。それに合わせて、免疫力を向上させてがんに勝てる身体にする方法も試されているため、最新の治療法を常に考えるようにしましょう。