ロゴ

副作用の軽減のために起きる時期を確認【抗がん剤を投与する目的】

利用する目的

ハート

なぜ投与するのか

抗がん剤を投与する時期によって目的が少しずつ異なります。
まず術前に行なう目的ですが、転移が確認できる場合にその範囲を少しでも少なくするために行なわれます。
術後にも行なわれることがありますが、この目的としては再発の予防です。
再発した場合、手術が不可能なケースも多いですが、このときは病気の進行を遅らせるために用いられます。

すぐに現れるタイプの副作用

術前の抗癌剤投与はそれほど長い期間行なわれませんが、それでも副作用が現れることがあります。例えば投与当日には嘔吐や関節痛、下痢が起こる場合があります。
また、長い間投与する場合は一ヶ月後に脱毛や末梢神経障害が起こる可能性もあるのです。腎臓障害も挙げられていますが、それが起こるのはまれだといわれています。

軽減するために相談

症状がとても辛い場合は軽減するために病院で対応しますので、相談する機会を設けましょう。
嘔吐に関しては制吐剤を用いればすぐに吐き気が収まることがありますし、貧血が起こる場合には好中球を増加させるための取り組みをします。