ロゴ

抗がん剤治療の副作用を軽減するための正しい知識とこれからの展望

身体の免疫力

身体の免疫力が弱まっているとあらゆる病気にかかりやすくなってしまいます。それが、抗がん剤の治療にまで影響してくるのです。健康な細胞まで影響が及ぼされると、体力も落ちていき副作用が強くなってしまうという報告があります。ですから、免疫力を高めるようにし、体の負担を軽減していきましょう。

免疫力を高める注目の成分ベスト3

no.1

フコイダン

様々な成分の中でフコイダンは特に注目されている成分であるといえます。注目すべきはそのアポトーシス作用です。フコイダンはがん細胞に働きかけ、自食作用を促し、正常な細胞に影響を与えることなく細胞を正常化に導くのです。

no.2

催芽ブドウ種子

ブドウにはポリフェノールが含まれていることはよく知られていますが、催芽ブドウ種子は重合ポリフェノールといわれる種類です。アポトーシスや免疫力向上に加え、抗酸化作用もあるためあらゆる病気の発生を予防します。

no.3

プロポリス

プロポリスにも活性酸素を抑える働きがあるため、抗がん剤の副作用を出さないように利用するのには最適な成分です。利用する際にまれにアレルギー反応が起こることがあるため、使用前に必ず反応をチェックするようにしましょう。

進化し続ける治療

男女

なぜ差があるのか

抗がん剤で治療をし、副作用もなく寛解したという人もいれば、辛い症状に悩まされたという人もいます。体力が落ちては治療自体ができませんので、その利用には医師も慎重にならざるをえません。
このような差が生まれるのは、がん細胞にも遺伝子があり、それぞれ人によって差があること、人によって免疫力に差があることなどが挙げられます。

個別に考える

現在の抗がん剤治療は、副作用の出現にグレードや患者別の反応の差があるため、個別化が進められています。
これには個人の体力や遺伝子の差を事前に調べなければならないので時間もかかることを理解しておきましょう。分子標的薬が登場したことでこの個別投与が可能になったのです。

生活に気をつける

個別で抗がん剤の量や種類を変えるという病院での取り組みの他に、食事など治療中の食生活や体力づくりについても医師から要望が出されます。
よく睡眠をとることはもちろんのこと、白血球の量をチェックして風邪を引かないようにすること、免疫力を高めることが大事です。